「指定難病」への医療費助成

Written by 麻野 美和

1. 概要

国が「指定難病」*1に定めている病気の長期療養者は「難病法」に基づいた医療費助成*2が受けられます。もしあなたが遅発性内リンパ水腫と診断されている場合は助成を受けられる可能性があります。

2. 条件

次の重症度分類3項目の全てが4点以上である人が対象となります。
ただし、点数が満たない人(軽症者)であっても、対象疾患の医療費総額が33,330円を超える月が1年に3回以上あると「軽症高額該当」という扱いになり、対象となります。

平衡障害・日常生活の障害0点正常
1点日常活動が時に制限される
2点日常活動がしばしば制限される
3点日常活動が常に制限される
4点日常活動が常に制限され、暗所での起立や歩行が困難
聴覚障害0点正常
1点可逆的
2点不可逆的
3点高度進行
4点両側性高度進行
病態の進行度0点生活指導のみで経過観察を行う
1点可逆性病変に対して保存的治療を必要とする
2点保存的治療によっても不可逆性病変が進行する
3点保存的治療に抵抗して不可逆性病変が高度に進行し、侵襲性のある治療を検討する
4点不可逆性病変が高度に進行して後遺症を認める 

3. 手続きの流れ

①自分が条件に該当するかを主治医に相談する

②次の書類を揃える

  • 申請書、診断書
    指定医/指定病院に書いてもらう必要があります。
  • 領収書や保険証の写し

③書類一式を都道府県に提出する

申請から医療受給者証が交付まで約3か月程度かかります。その間でも医療費の払戻しは請求可能です(指定医療機関に請求する)。
支給認定の有効期間は原則1年以内です。

4. 助成金額

所得によって自己負担上限が決まります。
疾病以外の病気やけがによる医療費、補装具の作成費用や、はり、きゅう、あんま、マッサージの費用は対象外です。

出典: 難病情報センター「医療費助成制度のご案内

詳細

難病情報センター | 指定難病患者への医療費助成制度のご案内


  • *1: 難病のうち、患者数が人口の0.1%に達せず、かつ客観的な診断基準が確立している病気が「指定難病」とされる
  • *2: 根拠法:難病法

著者紹介