障害年金

Written by 麻野 美和

1. 概要

障害年金*1は、年金加入者が病気やケガによって日常生活あるいは仕事に支障が出ている場合に受給できるものです。もしあなたが片耳難聴やめまいの疾患を持っており、厚生年金 / 共済年金の加入者であるなら、「障害厚生年金3級」または「障害手当金」を受給できる可能性があります。

障害年金の対象

2. 条件

  • 該当の病気・障害で初めて病院にかかった日に、厚生年金/共済年金に加入していた。
  • 保険料納付要件を満たしている。
  • 初診日から1年6か月経過後の「障害認定日」に下記「3. 対象基準」に該当する人。
  • 「障害認定日」に対象基準に該当しなかった人でも、65歳までに該当するようになった場合は「事後重症」として申請ができます。

3. 対象基準

聴力障害のある人

障害手当金片耳の聴力が80dB以上(高度難聴)の人が対象となります。
※治療・リハビリ中の場合は申請できません。

めまい発作による平衡機能障害のある人

障害厚生年金3級次のいずれかに該当する方が対象となります。
  • 眼をつぶったまま姿勢を保つのが不安定
  • 眼を開けて直線を10m歩いたとき、転倒しそうになったり、よろめいたりするが歩ける
  • 検査結果に明らかな異常がある
  • 労働に制限を受けている

※症状を服薬でコントロールできる場合や、30分程度休めば歩行可能な場合については対象外となります。
障害手当金次のいずれかに該当する方が対象となります。
  • 検査結果に明らかな異常がある
  • 労働に制限を受けている

4. 支給金額

障害厚生年金3級  最低保障月額 48,000円
障害手当金最低保障 1,000,000円

※法改正によって変更される場合があります

5. 手続きの流れ

①自分が条件と対象基準に該当するかを年金事務所に確認する

②次の書類を揃える

  • 受診状況等証明書
    日本年金機構が配布している所定の用紙です。病院で書いてもらう必要があります。
  • 病歴・就労状況等申立書
    日本年金機構が配布している所定の用紙です。記載要領を参考に自分で記入する必要があります。
  • 診断書
    病院で書いてもらう必要があります。

③書類一式を年金事務所に提出する

提出時には「年金手帳」「戸籍謄本」「預金通帳」「印鑑」も必要となります。
申請から結果が出るまで2〜4ヶ月かかります。また、受給が否決されるケースもあります。

詳細

全国の相談・手続き窓口|日本年金機構


  • *1 根拠法: 国民年金法、厚生年金保険法

著者紹介