先天的な片耳難聴に伴う音楽との関わり、聴こえの変化

Written by 辻 慎也

先天的な片耳難聴による音楽への影響は、検討が進んでいません。

そこで、物心がつく前から片耳難聴の
47名の方にアンケート調査を行いました1)

後天的な片耳難聴と同様、
回答を片側聾 / 片耳難聴のグループに分けて集計し、分析しました。

また、各設問に対して、
「幼少期」「青年期」「現在」
の3つの観点から回答してもらいました。

1. 音楽との関わりの変化

片側聾 / 片耳難聴 どちらのグループも、
幼少期と比べて、青年期の
「音楽を聴く頻度」「音楽の役割」「音楽の楽しさ」が増加していました。

① 音楽を聴く頻度(10段階評価)

1. 音楽を聴く頻度の変化を示す画像

② 音楽が生活に占める役割(10段階評価)

2. 音楽が生活に占める役割の変化を示す画像

片耳難聴グループでは、
片側聾と比べて、現在の
「音楽を聴く頻度」「音楽の役割」を低く評価する傾向がみられました。

③ 音楽の楽しさ(10段階評価)

3. 音楽の楽しさの変化を示す画像

また、後天的な片耳難聴と比べて、
発症直後に近い幼少期でも
積極的に音楽と関わる傾向がみられました。


演奏の頻度

片側聾 / 片耳難聴 どちらのグループも、
幼少期と比べて、青年期の
「楽器の演奏頻度」「歌う頻度」が増加していました。

④ 楽器の演奏頻度(10段階評価)

4. 楽器の演奏頻度の変化を示す画像

片側聾 / 片耳難聴 どちらのグループも、
青年期と比べて、現在は
「楽器の演奏頻度」「歌う頻度」が減少していました。

⑤ 歌う頻度(10段階評価)

5. 歌う頻度の変化を示す画像
  • 生まれつきなのでこれが自然・・・特に不自由だと思った事はありません。(22歳男性)
  • ・・・わたしは今でもアカペラを続ける程、一側性難聴で音楽活動に支障があると感じたことはない。(33歳女性)

というコメントもありました。
「生まれつきなので、音楽では聴こえを気にしたことがない」
という方が多くみられました。


音楽鑑賞の時間

片側聾 / 片耳難聴 どちらのグループも、
幼少期と比べて、青年期の
1日に音楽を聴く時間が増加しました。

⑥ 音楽鑑賞時間(幼少期〜青年期)

6. 幼少期から青年期の音楽鑑賞時間の変化を示す画像

片側聾 / 片耳難聴 どちらのグループも、
青年期と比べて、現在は
1日に音楽を聴く時間が落ち着きました。
(幼少期よりは長い時間でした)

⑥ 音楽鑑賞時間(青年期〜現在)

7. 青年期から現在の音楽鑑賞時間の変化を示す画像

2. 音楽の聴こえの変化

著者紹介