テーマ「伝える?」片耳難聴Cafeイベントレポート

2021年1月5日 − Written by きこいろ編集部

「あるある」という共感や安心感、
そして、同じ片耳難聴と言えど一人一人のちがいがあることを大切に交流している
しゃべり場 片耳難聴Cafe。


2020年度は、オンラインにて
様々なテーマを自由に話す回と、特定のテーマや対象で話す回を企画しています。

今回のテーマ 「伝える?」

片耳難聴は、
片耳が正常聴力のため、いつも聞こえない訳ではなく、
一見して難聴があるとは分かりません。

たとえば、聞こえる側の席や立ち位置を取る当事者は多くいますが
自分でポジションを確保できなかったとき
移動させてもらえるよう、周りの人にお願いするために
相手に自分の難聴を開示(カミングアウト)する必要があります。

でも、伝えるのに緊張したり、不安を覚える人も少なくないのではないでしょうか。

そんな悩みをシェアするために、今回は「伝える?」というテーマを設けました。


主に話されたこと

参加者は、10代~50代の6人。

進行は、Cafe担当の麻野(事務局)と、
聞こえの専門職でセルフアドボカシーにも詳しい高井(副代表)が行いました。

お話した中から「伝える」にまつわるエピソードを一部記します。


  • セルフアドボカシーとは:
  • 「Self-advocacy(自己権利擁護)」の意味。
  • 自分に必要なサポートを、自分でまわりの人に説明して、理解を得ようとすること。
  • 詳しくは、別記事にて近日公開予定。

最近、片耳難聴になった方のお話

  • 自分でも受けとめ切れていないこともあり、あまり周りの人に言えていない。
    聞こえないと周りの人にも申し訳ないし、もっと伝えられたらいいと思っているけれど、時間がかかるもの…と思っている。
    いつかさらっと話せる日が来るとも思う。
  • 何年か前に事故に遭い、後遺症で他の障害や片耳難聴になった。
    そのため周りの人は知っているが、理解までは得られていないと感じている。
    自分からわざわざ言うのもな…という気持ちがある。
    聞き返すときは、
    深刻に捉えられたくはないので「こっちの耳、聞こえなくてさー」と軽い感じで言うようにはしている。
    周りの反応は、人によって分かれるが、深刻そうに何とも言えない感じになる人もいれば、
    「片耳聞こえれば、大したことないじゃん」くらいに思われている人も多い気がする。

補聴器を使っている人

  • 最近は、ワイヤレスイヤホンを使っている人も多いので、
    あまり好奇の目で見られることもないかと人目も気にしないでいる。
  • 先天性の小耳症(外耳が小さい)だが、小学校の頃は誰にも話していなかった。
    中学校は仲の良い友達にだけ話した。
    高校生になってからクラスメイト皆に伝えるようになった。
    学校が変わって新しい環境になって、話しても大丈夫そうだなと思ったから。
    LINEで伝えた。聞こえる側から話してくれるクラスメイトもいる。
    最近は、軟骨伝導補聴器も使い始めている。

  • 片耳難聴に使える補聴機器については、こちら

職場でどうしているか

  • 職場で、上司に「片耳難聴のため、席を聞こえやすい位置に変えていただけないか」と伝えた。
    でも、はたらからは問題にないように見えるらしく「大丈夫でしょう」と言われてしまった。
    仕事が出来ていると評価と思えば良いが、それは聞こえにくさをカバーするように努力の結果なのに、と思う。
    ただ、職場の人間関係を壊したくないため、対応して貰えるよう上手く協力を求めていきたい。
  • 親しい友達や同僚にだけ伝えている。
    職場はフリーアドレス(自由に席を選べる)で自分で聞こえる席を選べるし、最近はリモートで聞こえで困ることもあまりない。
    だから、わざわざ言わなくてもいいかなという感じ。
    片耳難聴を伝えていない人からは、聞こえていなかったときに
    「マイペースだね」と言われるが、普段関わらない人にそう認識されるのは構わない。

周りの人の対応

  • 子どもの頃からの親友が
    「こいつ、こっちの耳聞こえないから席ここね」って周りの人に言ってくれる。
    何がきっかけか分からないが、大人になってからそうしてくれてるようになった。
    自分から言うと周りの人の空気が重くなる気がするので、他の人から言って貰えるのは良いと思っている。
    自分が聞こえてなさそうなときは、伝えてくれたり、すごく助かっている。
きこいろから配布している各種リーフレット

Tips!

聞こえなかったとき、聞き返すのが気まずいな…と感じることもある。

単純に「え?」「え?」と繰り返すより
TPOに応じて少しテクニックを使うと、相手にも伝わりやすいかも。

聞き返しのバリエーションもいろいろ

例)
職場で、約束の時間が聞き取れなかった。

・「すみません、もう一度お願いできますか」と、丁寧に。 
「時間が、何時でしたか?」と、聞きたい部分を具体的に。
「(ご飯を食べた後のはずだから)13時?14時ですか?」と、推測して
状況によっては
 「他の人にもお知らせするので、メールで詳細を送ってもらえますか」と、テキスト化を活用。

特に、コロナ渦でソーシャルディスタンスやマスク越しの声は聞き取りにくく、
何度も聞き返さなければならないとき、
相手に、「もっとハッキリ言ってくれたらいいな」と思うこともある。

相手の立場にも立ってみると、
特に片耳難聴のことを開示していない相手であれば
自分の話しをちゃんと聞いてくれていないのかな、
話し方が悪かったかな、説明の仕方が悪かったのか等と
誤解することもあるかもしれない。

そのような誤解をされないように、聞き返すときは
「あなたの話を聞いています」という姿勢を示せるようなやり方
がよさそう。

あるいは、私たちの難聴が目に見えないように、相手にも事情があって、
疲れていたり風邪で声を張れないかもしれないし、
たとえば、吃音失語症などがあり話しにくいという人もいる。

聞こえにくさを伝えることも、
誰しもあるさまざまな事情も、
許容し合える寛容さと、
お互いにとってよりよいコミュニケーションを調整できるとよいと思う。

今回も、さまざまなお話をする時間となりました。

参加者の皆さん、記事執筆をお手伝い頂いたボランティアメンバー、
ありがとうございました!

今後の予定

片耳難聴Cafeは、
会員メンバー以外でも参加できるオープンなイベントです。

1月

  • 1月31日(日)対象「家族」キャンセル待ち
    14時~16時
    ※お子さんが片耳難聴を持つご家族が主な対象です
  • 1月31日(日)対象「最近、片耳難聴になった方」
    17時~19時:残り僅か
    ※ここ数年~後天性の方が主な対象です

開催ひと月前までは、会員メンバーを先行して受付ています。

2月・3月(会員メンバー先行受付)

  • 2月28日(日) 対象「10~20代、学生」
    14時~16時
  • 2月28日(日)ショート版
    17時~18時(1時間)
    ※お試ししてみたい方など
  • 3月28日(日)対象「ご家族」
    14時~16時
    ※お子さんが片耳難聴を持つご家族が主な対象です
  • 3月28日(日)テーマ 「音楽好きの会」
    16時~18時
    ※プレーヤー・リスナー問いません

詳細・申込みは、こちらから。

今度も、「こんなテーマで話したい!」などアイディアがありましたら
お便りフォームよりお寄せください。

著者紹介